安全か、安価か、重視すべきは?

作業着を取り入れている目的とは?

作業着は仕事や作業に支障がなく効率のよい動きが出来るために、取り入れられている企業が多くあります。また、企業によっては社員の制服のような位置づけで作業着を取り入れているところもあります。作業着には様々な役割があり、例えば着ることにより仕事と私的な時間を区別することが出来たり、仕事への意欲や責任感を持つことが出来るほか、作業をするにあたり動きやすい格好であることがいえます。また、防寒や防暑など様々な役割を果たしてもくれます。一見、企業側にとってメリットしかないようにも思えますが作業着の価格は様々であり、その負担は安いものではありません。作業着を取り入れている目的を明確にし、その上で安全のためなのか社員の制服のような位置づけで取り入れているのか、などを検討する必要があるのかもしれません。

作業着を選ぶときに重視すべきこととは?

作業着にはブルゾンやつなぎ、ポロシャツなど様々な種類があり、また動きやすさや肌触りなども多岐に渡ります。これらは価格にも反映していて極論をいえば安全のためなのか、安さを重視するのかなどの選択になるのかもしれません。とはいえ、選ぶには軸となることが必要です。職種や職場によって必要となる条件は違っていて、また屋内での作業なのか屋外なのかでも選択肢は違ってきます。特に火や電気、油を扱う危険な場所は作業着一つで危険性の度合いは異なります。全てのものにメリットやデメリットはありますが、作業着により安全が高じられるのであれば何ものにも代え難いといえるかもしれません。これを踏まえた上で着る人の意見を取り入れ、より作業が快適になるような作業着選びが必要といえます。